性能評価試験データ

このページを印刷

耐損傷性試験

【衝撃試験】SUPRO/NB φ28.6

● 試験目的

施工中において受ける衝撃により被覆層が著しく損傷しないことを確認する。

● 試験方法および条件

(1)試験器具
・衝撃試験装置
・錘(重量:1799g、先端の直径:16mm)

衝撃試験装置
衝撃試験装置

試験用 錘
試験用 錘


・ピンホールテスター
製造元:株式会社 サンコー電子研究所
型式:ホリスター5

ピンホールテスター
ピンホールテスター


(2)試験方法
・錘を高さ0.51mから落下させ、9.0N・mの衝撃を被覆鋼材のクラウン部に与える。
・衝撃を受けたクラウン部に対してピンホール試験を実施する。
・試験電圧は3000Vとする。

(3)判定基準
鋼材が露出しないこと。また、ピンホールの検出がないことを確認する。

● 試験結果

試験後の試料に鋼材の露出は確認されなかった。また、ピンホールも検出されなかった。

衝撃試験状況
衝撃試験状況

試験後試料外観
試験後試料外観


ピンホール試験状況
ピンホール試験状況


ヒエンの被覆PC鋼材へのお問合せ
ページの先頭へ
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用にあたって