性能評価試験データ

このページを印刷

耐塩性試験

【塩水噴霧試験】 SUPRO/NB φ28.6

●試験目的

3,600時間の塩水噴霧試験後において鋼材に錆が生じていないことを確認する。

●試験方法および条件

(1)試験器具
塩水噴霧試験機

ソルトスプレーテスター

(2)試験方法
0.7Pu緊張力負荷
温度:35℃、噴霧塩水濃度:5%、試験時間:3,600時間

(3)判定基準
錆の発生がないこと。

●試験結果

鋼材に錆の発生は見られなかった。

0.7Pu緊張状況
0.7Pu緊張状況

ピンホール確認状況
ピンホール確認状況


試験前試料
試験前試料

3600時間後試料
3600時間後試料


素線腐食状況確認(サンプル1)
素線腐食状況確認(サンプル1)

素線腐食状況確認(サンプル2)
素線腐食状況確認(サンプル2)


素線腐食状況確認(サンプル3)
素線腐食状況確認(サンプル3)


ヒエンの被覆PC鋼材へのお問合せ
ページの先頭へ
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用にあたって